• HOME
  • ITコラム
  • プログラマーのやりがい・魅力・目指す方法を紹介!【未経験者向け】
ITコラム

プログラマーのやりがい・魅力・目指す方法を紹介!【未経験者向け】

2021年4月19日

2021年6月9日

昨今のスマートフォンの普及をはじめICT(情報通信技術)の発展によってプログラマーに対する関心が高まっています。小学校でのプログラミング教育が必修化されたことも話題になっていますよね。

プログラマーに興味はあるけれど、未経験で、知識もない状態では何から始めたら良いのかわからずにいる人も多いかもしれません。また、プログラマーとして働くうえでのやりがいや魅力はどのようなものか、気になることでしょう。

今後ますます多くの分野でICTが必要とされ、プログラマーの需要は高まると予想されています。興味を持ったこの機会に、プログラマーを目指すうえで知っておくべきやりがいなどを紹介します。

プログラマーの仕事

プログラマーとは、プログラミング言語を使ってコンピューターを動かし、さまざまなシステム・ソフトウェア・アプリケーションを開発する職業のことです。

コンピューターに指示を出せるプログラマーの技術は、わたしたちを取り巻くあらゆるものに使われています。毎日スマホで使っているアプリケーションから、銀行や官公庁で使われる大型コンピューターのシステムまで、プログラマーが構築したプログラムで動いています。AI家電や車の自動走行など、生活の利便性向上には電子的な制御が欠かせなくなっており、プログラマーの活躍の場は、これからも広がっていくでしょう。

プログラマーのやりがい

プログラマーの需要が高まり、社会に求められている職業であることは間違いありません。必要とされているプログラマーには、具体的にどのようなやりがいがあるのでしょうか。

モノづくりの楽しさ

プログラマーのやりがいは何よりもまず、自分でコードを書いたものが実際に動いたときの喜びでしょう。ゼロからプログラムを構築しシステムを動かす作業には、モノづくりの楽しさがあります。また、開発はチームで取り組むことが大半です。いろいろな人と協力し、商品として世の中に送り出すことができたときの達成感は大きなやりがいになります。そうして試行錯誤の末に完成した商品が、多くの人の役に立ち喜んでもらえたときには、プログラマーとしてのモチベーションが高まるに違いありません。

技術を習得していけば、関わることができるプロジェクトが増えていくだけでなく、実生活の中で自分が欲しいと思うものをプログラミングで作れるようにもなるでしょう。

最先端技術を扱える

IT技術は日々進化しています。今は当たり前になっているスマホやその中で使われるあらゆるアプリケーションは、次々と新しい機能が開発されています。IoTデバイス、AI技術など、ここ十数年で大きく進歩し日常生活やビジネスシーンに活用され始めました。

新しい技術を学び、学んだことが実装され生活を変えていくことは大きな手応えとなります。また、後進のために技術を還元・蓄積していくことはプログラマーの価値であると同時に非常に重要な役割でもあります。

プログラマーの三大美徳

プログラマーが書くコードには、一つの動作に対して複数のコーデイングが存在します。その中でも無駄がなく美しいコーディングはシステムとして動かしやすく、後々の修正もしやすいものとなります。

 

プログラマーには、プログラミング言語「Perl」の開発者であるラリー・ウォールによって提唱された三大美徳とされるものがあります。三大美徳とは「怠惰」「短気」「傲慢」の3つ。到底「美徳」とは言い難いようなマイナスイメージのある言葉ですが、それぞれの資質を持っていると、次のような行動を取る傾向があります。

 

① 怠惰
日常で繰り返されるタスクを嫌い、コンピュータによって自動化できないか考える。また開発されたシステムがリリースされた後に何度も同じ質問を受けないためにマニュアルを先回りして作成する。

② 短気
プログラムの処理速度が遅いなど自動化に不備がある場合、不快に感じる。何度も仕様変更することを避けるためさまざまな状況を想定した柔軟性・保守性の高いプログラムを書く。

③ 傲慢
自分のプログラムをクライアントなどの他者から指摘されることを嫌うため、完璧なプログラムを書く。明快・簡潔でわかりやすいプログラムを書くような一種の美意識がある。

 

このような資質を持った人はプログラミングにやりがいを感じやすいかもしれません。

プログラマーの魅力

プログラマーの仕事を続けるうえでのモチベーションにつながるのは、やりがいだけでなく、以下に挙げるような環境や待遇面での魅力もあります。

スキルが収入につながる

プログラマーは、学歴に関係なくスキルが収入に直結しやすい職業と言えます。いくつものプログラミング言語を扱い、より優れたコーディングができるプログラマーは、さまざまなニーズに対応することができ、重宝されて収入もアップするでしょう。最近では、専門的なスキルを磨くことで、エキスパート系プログラマーといったキャリアパスもあります

また、プログラマーとしての経験だけでなく、開発チームのリーダーやプロジェクトのマネジメント業務を経験していくことで、システムエンジニアやプロジェクトリーダーへとキャリアアップしていくこともできます。

フリーランスという選択肢

プログラマーは、環境さえ整っていればどこでも仕事をすることができる職業です。つまりはフリーランスに向いている職業であり、会社を挟まずに仕事を得られるからこその高収入も期待できるでしょう。

フリーランスで十分な収入を確保できるような仕事をするには、ある程度のITスキルが必要です。いきなりフリーランスで仕事を得るのは難しく、実務経験や実績などが客観的にわかる資料の提示を求められることもあります。タスク管理やスケジュールを立てること、プロジェクトを共に進めるチームメンバーや顧客とのコミュニケーションを密に取り合うことなど、自分でこなさなければならない業務は多岐にわたります。しかし、これらの課題をクリアできれば、会社という仲介がない分、評価を直接自分の報酬に反映させることができるのです。

これからの生活を支える技術に貢献

IT人材白書2020』によると、IT企業が過去2〜3年前と比較してもっとも拡大した事業として「IoT、ビッグデータ、AI関連サービスの開発・提供」を挙げています。これらの事業は、いずれも現在進行形の第4次産業革命の中心的な技術とされており、先進国で精力的に取り組まれているものです。プログラミングも大きく関わってくる技術ばかりですので、今後もプログラマーが活躍できる機会は増えていくと予想できます。未来の生活を支え、日本経済の発展にも関わる仕事ができるというのは大きな魅力となるでしょう。

参考:『IT人材白書2020』

未経験からプログラマーを目指す

プログラマーのやりがいと魅力を紹介したところでプログラマーに対する興味は高まったでしょうか。実際にプログラマーになろうと志したところで、未経験からでもプログラマーになれるのかどうか不安はありますよね。ここからはプログラマーを迎え入れるIT市場の潮流や技術習得の方法について紹介していきましょう。

IT市場は人材不足

経済産業省の『IT人材需給に関する調査』によると、2018年時点で22万人のIT人材が不足しているとされています。そこから2030年には、最大75万人の人材不足に陥るとの予測になっており、現状の人材不足が解消されることはなさそうです。また、『IT人材白書2020』の中で、IT企業サイドの人材の過不足感についても「大幅に不足している」「やや不足している」を合わせると9割以上にのぼることが報告されています。

出典:『IT人材白書2020

 

以上のことからも、市場として人材の増員は急務であり、プログラマーを受け入れる企業は十分にあると言えるでしょう。

プログラミング技術の習得が必要

プログラマーになるためにはプログラミングの知識と技術を習得する必要があります。

技術を習得するためには、独学で学ぶか、プログラミングスクールを利用するかが考えられます。独学は費用面では大きなメリットがありますが、短期間で効率的に学ぶのは難しいかもしれません。多少費用がかかったとしてもプログラミングスクールで学ぶメリットはあります。

  • わからないときに講師に質問できる。学習サポートがあるので挫折しにくい
  • 効率的にプログラミングスキルを身につけられるカリキュラムが設定されている
  • 就職に直結しやすい知識を重点的に得ることができる
  • カリキュラムに従って学ぶことで、学習そのものを習慣づけられる
  • 就職・転職のサポートをしてもらえる場合がある
  • 同じ志の人たちとの交流がモチベーションにつながる
  • スクールの講師や卒業生などから、就職後の実態ややりがいなど話を聞くことができる

就職支援付きプログラミングスクールを活用しよう

プログラミングスクールで学ぶ方が、短い期間で効率的に技術を習得できるとしても、やはり費用が心配という人もいるでしょう。プログラミングスクールの中には、特定の企業への就職や転職を前提に受講料を無料としているところもあります。スクールによって受講形態や学べる内容、無料になる条件が異なりますので、無料体験などを利用し自分の求めるものに適したスクールを選ぶようにしましょう。

関連記事:無料プログラミングスクール11選!初心者におすすめの理由と選び方を解説

 

無料のプログラミングスクールの一つの例として学舎さくらを紹介します。

学舎さくらでは、プログラミングスキルをインプットするだけでなく、既存のプログラミングを書き写したり、学んだ知識を元に自分でコーディングしたりするアウトプット型のカリキュラムが含まれています。就職や転職にあたってもサポート体制が整っており、効率的な学習と就職活動におすすめのスクールです。

まとめ

プログラマーは今後ますます需要が高まる職業です。モノづくりに携わる喜びや新しい技術を習得するおもしろさを実感できるようになれば、スキルアップのために日々学ぶことも楽しくなるでしょう。技術があれば働き方を自由に選択することもできる職業ですので、プログラマーに挑戦する価値は十分にあるといえるのではないでしょうか。短期間で確実に知識や技術を身につけられる無料のプログラミングスクールを上手に活用して、プログラマーとしてのキャリアをスタートさせましょう!

WRITER -この記事を書いた人-

学舎さくら編集部

未経験からプログラマーを目指せる就職支援付きプログラミングスクール。プログラミングの基礎知識や、IT業界への転職に向けた情報など、未来のITエンジニアに役立つ情報を発信しています。

最新記事

インフラエンジニアの将来性を解説!必要なスキルとキャリアプランを知ろう

2021年7月30日

この記事の目次1 インフラエンジニアの将来性が高い理由1.1 IT人材は10年後も不足傾向にある1.2 生活に無くてはならない存在1.3 様々な分野でITが活用

IT企業に文系も就職できる!文系が活かせる強みと就活でやるべきこと

2021年7月20日

近年、ニュースなどで「日本では将来的にIT人材が不足する」と取り上げられ、成長分野として注目されています。そんな中、就職先としてIT企業に興味をもった文系学生も

インフラエンジニアがきつい理由は?未経験が失敗しない転職先の見つけ方

2021年7月19日

この記事の目次1 インフラエンジニアはITインフラ環境を構築する仕事1.1 インフラエンジニアの業務2 インフラエンジニアがきついと言われる理由2.1 夜勤の可

最新記事

0

インフラエンジニアの将来性を解説!必要なスキルとキャリアプランを知ろう

0

IT企業に文系も就職できる!文系が活かせる強みと就活でやるべきこと

0

インフラエンジニアがきつい理由は?未経験が失敗しない転職先の見つけ方

0

プログラミングスクール「やめとけ」は本当?無駄になる人と噂の真相解説

0

LinuCとは?LPICとの違いやどんな資格なのかを分かりやすく解説!

TOPへ戻る