• HOME
  • ITコラム
  • 【厳選】インフラエンジニアに必要なスキルを学べるITスクールをご紹介
ITコラム

【厳選】インフラエンジニアに必要なスキルを学べるITスクールをご紹介

2023年5月2日

2023年5月29日

インフラエンジニアに必要なサーバやネットワークといった「ITインフラ」の学習方法には、自宅サーバの構築やネットワークエミュレータの使用などがありますが、まったく知識がない状態ではハードルが高く感じる人もいるでしょう。

そんなときに力となってくれるのが、インフラエンジニア向けのカリキュラムを用意しているITスクールです。

通常ITスクールと言えば、主にプログラミング関連の知識やスキルを学ぶためのカリキュラムが組まれていることが多いですが、中には未経験からのインフラエンジニア就職に特化したカリキュラムを組んでいるスクールも存在します。

ただし、カリキュラムの内容や費用、受講条件などには違いがありますので、受講した後に後悔しないよう、事前に検討のポイントを知っておきましょう。この記事ではITスクール選びのポイントと、インフラエンジニアを目指せるおすすめITスクールをご紹介します。

インフラエンジニアとは

ITスクールを検討するために、まずインフラエンジニアがどんな職種なのか知っておきましょう。

インフラエンジニアとは、ネットワークやサーバ、データベースなどITシステムの土台となる「ITインフラ」の設計・構築・運用・保守・監視を行うエンジニアのことです。

未経験者が、最初からITインフラを設計したり構築したりすることは少なく、多くの場合は運用・保守・監視の業務に就くことになります。ネットワークやサーバが正常に稼働しているかを監視し、システムトラブルが発生すれば適切に対応、随時ソフトウェアのアップデートなども行うのが「運用・保守・監視」業務です。実務経験や知識習得を重ねることで、キャリアアップを目指すことができます。

ネットワークとサーバ

インフラエンジニアとひとくくりに言っても、どの機器を扱いたいかによって必要な知識やスキルが異なってきます。ITスクールのカリキュラム内容も、ネットワークに重点を置いたものや、サーバまで幅広く学習するものなどに分かれています。カリキュラムを検討するためには、ネットワークとサーバの違いについては理解しておきましょう。

サーバとは、利用者からの要求に対して、情報や処理結果を返すコンテンツ提供側のコンピュータのことです。そして、私たちのパソコンやスマホはネットワークを介してサーバとつながっています。使われている技術や知識は異なりますが、どちらもコンテンツが取り扱う情報量やアクセス数、処理速度などに応じて適切なシステムを構築しておかないと、障害が起こり、安定したITサービスの提供ができなくなります。

インフラ監視とは

未経験からの就職で従事することが多いのが、ネットワークとサーバの安定した稼働をチェックするインフラ監視です。ここでは、ネットワークとサーバ、それぞれの監視業務についても簡単に触れておきます。

「ネットワーク監視」は、PCなどのIT機器、サーバ、ネットワーク機器が正常に稼働しているか、つないでいる経路に問題はないかを監視します。Pingコマンドへの応答で死活を判断する「死活監視」、ネットワークのトラフィック量を監視する「経路監視」、CPU/メモリー/ディスク使用率やハードウェアの温度など多数の項目を監視する「状態監視」などがあります。

「サーバ監視」には、サーバが正常に稼働しているかどうかを監視する「正常監視」、異常があれば担当部署へ報告する「異常監視」があります。

インフラエンジニアを目指せるITスクールを選ぶ際の注意ポイント

ITスクールのサイトを見て回っていると、結局どこがいいのかわからなくなってしまうこともあるでしょう。数あるITスクールの中から自分に合ったITスクールを探すのは大変ですよね。ここでは比較する際に注意すべきポイントを解説するので、参考にしてみてください。

費用について

ITスクールの費用は様々で、高額な受講料が必要なITスクールもあれば、条件を満たせば無料で受講できるITスクールも存在します。しかし、受講料が高いからといって必ずしも自分に合っているとは限りませんし、無料でも質の高いカリキュラムを受けられるところもあります。

費用だけで比較せず、カリキュラムやサポート体制の内容が自分に合っているか必ず確認しましょう。とはいえ、費用も重要な要素ですので、費用を検討する際に気を付けるべきポイントを紹介します。

  1. 受講料のほかに入学金やテキスト代など発生しないか
  2. 途中でやめる場合、違約金や解約金が発生しないか
  3. 受講期間を延長する場合、追加料金が必要か
  4. 就職サポートがある場合、就職/転職保証制度はあるか
  5. 卒業後の就職サポートに追加費用が必要か

通学方法について

通学方法は主に「通学制」と「オンライン制」があります。通える範囲内に教室がない地方の受講生などは、必然的にオンライン制を選択することになるでしょう。現在はオンライン受講を主流としているITスクールも多く、オンラインに特化したカリキュラムが充実しているため、通学制に比べて質が下がるということはありません。それぞれの特性が、自分に合っているかどうかで検討しましょう。

通学制のメリットは、「不明点をすぐに聞ける」「講師が目の前にいる環境でモチベーションを維持できる」などが挙げられます。

オンライン制のメリットは、パソコンと通信環境さえあれば自宅でもカフェでも場所を選ばず受講できることです。質問はチャットツールなどを通じて行うため、ITツールを使用したコミュニケーションの練習にもなります。

通学制、オンライン制両方とも可能なITスクールの場合、途中で変更できるのか、変更した場合に別途費用がかかるのかなども合わせて確認しておくとよいですね。

各種サポート内容の利用条件について

未経験者向けのカリキュラムがあるとはいえ、ITインフラの学習は専門的な知識の習得です。学習を継続できるかどうかは、ITスクールのサポート体制にも影響されますので、各種サポート内容はチェックしておきましょう。

受講・サービスを利用できる日時や時間帯

カリキュラムを受講でき、質問を受け付けてくれる日時や時間帯は必ずチェックしてください。自分の生活スタイルと合わない場合は受講自体が難しくなり、ITスクールの恩恵を受けることができなくなります。オンライン制は、どこからでも受講でき場所の制限は受けませんが、時間については平日の日中に限定されていることなども多くありますので、思い込みがないように、よく確認しましょう。

質問環境

ITインフラの学習では、わからないことがたくさん出ます。そして、この不明点を解消してもらえることは、みなさんがITスクールに期待する大きな項目の一つでしょう。質問をするための手段、質問の受付時間、どのような人が質問に回答してくれるかなどは確認してください。ITスクールによっては、質問の回数が決められていることもあります。専属講師が付くITスクールであれば、自分の進捗や理解度を理解したうえで対応してくれるため、質問もしやすくなるでしょう。

モチベーションに関するサポート

学習を継続するには、モチベーションの維持も重要です。ITスクールは、学習を挫折しないためのサポートを受けられる場所であり、モチベーションの維持にも工夫していることがあります。専属講師が学習の進捗状況を管理してくれたり、他の受講生とチームを組んで取り組む課題があったりなど、モチベーションへのケアも考えてくれるITスクールなのかチェックしてみましょう。

就職・転職サポート

学習と就職をセットで考えているのであれば、就職転職サポートの質も比較しましょう。紹介先の数や、こだわっているポイント、就職率などが参考となります。就職・転職サポートがあるカリキュラムは、無料やキャッシュバックなどの料金にも関わってくるので、就職サポートの利用条件とあわせて、就職/転職保証制度の有無や、卒業後のサポート料金などにも注目してみましょう。

コース内容(カリキュラム)について

インフラエンジニア向けのカリキュラムには、ネットワークに重点を置いたもの、総合的に学べるものなど、ITスクールによって違いがあります。自分が描くキャリアとして明確にサーバエンジニアとネットワークエンジニアの違いがあればよいですが、判断に迷う場合は、無料相談会で「なぜ、その知識をカリキュラムにしているのか」を聞いてみましょう。

また、プログラミングを学ぶ場合は学習した成果としてWebサイトやアプリなどの作品を作ることが多いですが、ITインフラを学ぶ場合は資格取得を目指すITスクールが多いです。ここでは、インフラエンジニアが取得しておくとよい入門的な資格についていくつかご紹介します。

  1. ネットワークの知識:Cisco技術者認定CCNA、CCNP
  2. サーバの知識:Linux技術者認定LinuC
  3. クラウドの知識:AWS認定資格、Microsoft Azure認定資格、Google Cloud 認定資格
  4. データベースの知識:ORACLE MASTER
  5. IT全般の基礎知識:基本情報技術者試験

実績や評判について

ITスクールを選ぶ際には、実績や評判・口コミなども確認しておくとよいでしょう。実績は、ITスクールのサイトに掲載された就職・転職内定率や資格取得率、学習継続率、就職先の企業一覧などで見ることができます。評判や口コミは、TwitterなどのSNSや口コミサイト、Webサイト内の現役の生徒や卒業生の声などを参考にしてみてください。

ただし、実績はITスクールにとって良い部分のみを抽出していたり、口コミなどは評価した人の主観が入るため、完全に鵜呑みにするのではなく、あくまで参考程度に見るようにしましょう。

【無料】インフラエンジニアを目指せるスクール6選

インフラエンジニアとしての就職を目指すのであれば、就職支援を受けることで、無料で受講できるITスクールが存在します。多くの場合、年齢制限などの条件がありますので、確認してみましょう。また、無料といっても「まったく受講料が発生しない完全無料」の形態と、「就職すれば全額キャッシュバック」という形態がありますので、注意が必要です。

ここでは、無料でインフラエンジニアを目指せるITスクールを6校ご紹介します。

 

KENスクール
  • 【年齢制限】:35歳未満
  • 【コース名】:ネットワークエンジニアCCNA資格取得コース
  • 【受講方法】:通学/オンライン
  • 【期  間】:未就業中は20日間、就業中は3ヵ月
  • 【実  績】:資格合格率80%
エンジニアカレッジ
  • 【年齢制限】:20代
  • 【受講方法】:オンライン
  • 【期  間】:280時間
  • 【実  績】:正社員就業率98.3% 平均内定獲得数3.7社
ネットビジョンアカデミー
  • 【年齢制限】:18歳~31歳
  • 【コース名】:無料コース・オンラインコース
  • 【受講方法】:通学/オンライン
  • 【期  間】:160時間(1ヵ月~2ヵ月)
  • 【実  績】:CCNA資格合格率99% 就職率98%
ぼくらのあした
  • 【年齢制限】:30歳未満
  • 【コース名】:Linuxサーバーコース
  • 【受講方法】:通学/オンライン
  • 【期  間】:1カ月~2カ月
UZUZ COLLEGE

(ウズウズカレッジ)

  • 【年齢制限】:20代
  • 【コース名】:インフラエンジニアコース
  • 【受講方法】:オンライン
  • 【期  間】:4週間
学舎さくら
  • 【年齢制限】:10代~20代
  • 【コース名】:ITエンジニアコース インフラ専攻
  • 【受講方法】:オンライン
  • 【期  間】:280時間

 

KENスクール

【特徴】

  • 開校30年以上の豊富な実績とプロ講師の指導により、5万人を超える未経験者を育成してきた実績あり。
  • CCNAの資格を取得し、就職を目指すカリキュラム
  • 紹介可能企業数は500件以上
  • スクールからの紹介企業に就職した場合、受講料217,000円が全額キャッシュバック

 

エンジニアカレッジ

【特徴】

  • インフラエンジニアに必要な知識や技術を総合的に学べる(ネットワーク、サーバ構築、セキュリティ、クラウド、Linux、AWS、PostgreSQL基礎など)
  • LPI-Japan認定校で、LinuC(通常16,500円の受験料が必要)が無料で受験可能
  • アウトプット型重視の学習で、実機を使用した実践型の講習、チーム演習あり
  • 常時5,000~7,000件の求人情報あり
  • 完全無料。ただし、スクールからの紹介企業へ就職することが条件。

 

ネットビジョンアカデミー

【特徴】

  • 資格合格率95%、就職率98%
  • CCNAの資格を取得し、就職を目指すカリキュラム
  • 家具家電付き・防犯システム完備の提携シェアハウスが最大2カ月間無料
  • 完全無料。ただし、スクールからの紹介企業へ就職することが条件。

 

ぼくらのあした

【特徴】

  • スピードマスターコースでは家賃・光熱費無料のシェアハウス「TOKYOプログラミングシェアハウス」に入居、最短30日間でプロのエンジニアを目指せる(基本的には30日間で就職決定後退去だが、相談の上、最大2カ月間入居可能)
  • 受講期間中のアルバイトやインターン先も紹介
  • Linuxサーバを扱う知識や経験を身につける実践講座
  • スクールからの紹介企業に就職した場合、受講料が全額キャッシュバック(スピードマスター:74,800円、レギュラーコース:129,800円)

 

UZUZ COLLEGE(ウズウズカレッジ)

【特徴】

  • 20代向けの研修一体型就活サポート
  • 業務未経験者や文系出身の方でもIT分野の専門職である「インフラエンジニア」になれるカリキュラムをご用意
  • 国家資格「ITパスポート」や、インフラエンジニアの登竜門資格「CCNA」の学習が可能

 

学舎さくら

【特徴】

  • 「インフラ専攻」では280時間の研修を通して、Linux、ネットワーク、セキュリティ、クラウド、PostgreSQLなどインフラエンジニアに必要な知識を総合的に学べる
  • 紹介可能企業先は地元高知・首都圏含め3,500社以上
  • 完全無料。ただし、スクールからの紹介企業へ就職することが条件。

【有料】インフラエンジニアを目指せるスクール4選

次に、費用はかかりますがインフラエンジニアに必要な知識を学習できるITスクールを4校ご紹介します。

 

KENスクール
  • 【コース名】:ネットワークコース
  • 【受講方法】:通学/オンライン
  • 【料  金】:20,900円~
  • 【期  間】:6時間~
Raise Tech

(レイズテック)

  • 【コース名】:AWSフルコース
  • 【受講方法】:オンライン
  • 【料  金】:448,000円
  • 【期  間】:16週間(週1回/1回あたり120分)
Sasa-yell

(ササエル)

  • 【コース名】:インフラエンジニアコース
  • 【受講方法】:オンライン
  • 【料  金】:19,800円~
  • 【期  間】:14レッスン~
UZUZ COLLEGE

(ウズウズカレッジ)

  • 【コース名】:CCNAコース/LinuCコース
  • 【受講方法】:オンライン
  • 【料  金】:月額33,000円
  • 【期  間】:1ヵ月~
  • 【実  績】:受講者数30,000名以上 就職定着率97%以上

 

KENスクール

【特徴】

  • カテゴリ別(CCNA、CCNP、Linux、Windows、実務研修「雲」講座、その他)に豊富なコースをご用意 ネットワーク基礎なら6時間20,900円から学習可能
  • 取得可能な資格(LPIC-1、LPIC-2、CCNA、CCNP)
  • 目指せる職種(ネットワークエンジニア、サーバーエンジニア、社内SE、ヘルプデスク)
  • KENスクールの提携企業にお勤めの方はスクール提携企業特別割引あり

 

Raise Tech(レイズテック)

【特徴】

  • クラウドサービストップシェアの「AWS」の知識・スキルを総合的に学習
  • 「AWS」の基礎~応用以外に、Webアプリの開発や自動化、DevOpsといった現場の技術も学べる
  • 受講終了後も回数、内容無制限で半永久的にチャットによる質問可能
  • 学習スタイルが合わない場合は、2週間全額返金保証あり

 

Sasa-yell(ササエル)

【特徴】

  • 「1人につき1台、VPS(仮想サーバー)を提供する」という業界初の試みに挑戦
  • インフラエンジニアコースには初級、中級、上級の3つのコースあり
  • 現役のエンジニア陣がメンター(講師)を努める「メンター制度」あり
  • 映像内にテキストを埋め込む独自のカリキュラムを作成(映像とテキストと実操作で学習効率アップ)
  • ササエルのサイトやカリキュラムは全てスマホ対応のため隙間時間を活用可能

 

UZUZ COLLEGE(ウズウズカレッジ)

【特徴】

  • ネットワークエンジニアを目指す「CCNAコース」、サーバーエンジニアを目指す「LinuCコース」あり
  • 利用料金は月額制で33,000円 今なら「リスキリング応援キャンペーン」で最大6ヶ月分の受講料をキャッシュバック(条件あり)
  • IT専門エージェントが運営しているため、就職・転職サポートに強い
  • 利用満足度は4.4/5.0以上

まとめ

インフラエンジニアに関するITスクールを検討する際、専門職だから受講料が高額なイメージを持たれる方もいるかもしれません。しかし、就職を前提とした学習であれば無料で受講できるITスクールも多く存在し、資格の取得なども目指すことができます。比較すべきポイントを押さえながら、自分の目的やライフスタイルに合ったカリキュラムを検討してみましょう。

就職直結型プログラミングスクール「学舎さくら」なら、パソコンと通信環境さえあればインフラエンジニアに必要な知識やスキルを完全無料で習得でき、就職先まで徹底サポートします。ご興味があれば、ぜひ随時開催している説明会に参加してみてください。

WRITER -この記事を書いた人-

学舎さくら編集部

未経験からプログラマーを目指せる就職支援付きプログラミングスクール。プログラミングの基礎知識や、IT業界への転職に向けた情報など、未来のITエンジニアに役立つ情報を発信しています。

最新記事

プログラミングに必要なパソコンのスペックとは?初心者向けの選び方

2023年10月27日

プログラミングには、最低限のスペックを備えたパソコンが必須です。とはいえ、初心者の人は「プログラミングに必要なパソコンのスペック」を把握していないでしょう。 今

インフラエンジニアのやりがい5選!向いている人や一日の仕事の流れも解説

2023年10月20日

ITエンジニアのなかでもインフラエンジニアに興味を持っており、「どのようなやりがいがあるのだろう?」と気になっている人もいるのではないでしょうか。 type転職

プログラミングに数学が必要ない理由とは?数学を使う具体例を紹介

2023年10月5日

「数学は苦手だけどプログラミングに興味がある」「文系出身だけどプログラミングの仕事がしたい」という方も多いのではないでしょうか?結論としては、数学が苦手でもプロ

最新記事

0

プログラミングに必要なパソコンのスペックとは?初心者向けの選び方

0

インフラエンジニアのやりがい5選!向いている人や一日の仕事の流れも解説

0

プログラミングに数学が必要ない理由とは?数学を使う具体例を紹介

0

インフラエンジニアのおすすめ資格8選!未経験から転職するには

0

プログラマーはきつい?残業、人間関係などプログラマーの働き方を検証

受講に関する不安がある方

まずは、Web説明会にご参加ください。

Web説明会では、ささいなことでもご質問・ご相談ください。

TOPへ戻る